HAPPY STYLEのエゴスキューへの想いheart

エゴスキューとは、筋肉を再教育する運動療法!

エゴスキュー 私が初めてエゴスキューを知ったのは今から10年と少し前。
現在のエゴスキュージャパンのオーナーである越山雅代さんから直接教えていただいたのが最初です。
その後、有志十数名でアメリカカリフォルニア州サンディエゴのエゴスキュー本社へ行き、研修を受けてきました。

当時日本には存在していなかったエゴスキューです。当然テキストも英語版しかありません。
急遽仲間内で翻訳チームが組まれ、渡米直前まで膨大な量の翻訳作業に取り組んでもらい、翻訳したてのデーターを各自受け取ってプリントアウトをし、エゴスキュー本社へ向かう飛行機の中でそのプリントを見ながら予習作業を行いました。
振り返れば大変に思い出深い、ハードスケジュールながらもとっても楽しい旅でした。

その時、アメリカで、私は最初の「個人セラピー」を受けました。
今でも鮮明に覚えていますが、それは衝撃的な体験でした。

エゴスキュー エゴスキューの「個人セラピー」とは、セラピストがマンツーマンでクライアントの姿勢を分析し、その方に合った特注のE-サイズメニュー(エクササイズメニュー)を作ってくれ、家に帰ってからひとりでも実行できるようにE-サイズのやり方を教えてくれるというものです。
エゴスキューグループワークの際に行う、誰にでも合うように組み合わせられたE-サイズメニュー(エクササイズメニュー)が既製品としたら、個人セラピーはその人の為だけのオーダーメイドの特注メニューです。
それゆえ、効果も抜群で、エゴスキューの神髄といえるものでもあります。

当時の私は、痛みこそありませんでしたが、体の歪みが酷くそれには大きなコンプレックスを抱いていました。
特に極端なX脚が悩みの種でした。左右の足のひざのお皿同士が接触するほどのX脚だったため、立ち姿も歩く姿も変ですし、なにより曲がった脚では踏ん張りが効かず、立つこと、歩くこと、脚をつかうすべての動作が非常に苦手でした。

ただ、物心ついた頃からそのような脚だったので、生まれつきの骨の奇形で治らないものだと思い込んでいました。
しかし、その時、私の体を分析したセラピストさんが発した言葉は、「お尻の筋肉が全く使えていない。だから極端なX脚になっている」でした。
今なら理解できますが、問題は骨ではなく、筋肉だったのです。
しかも、気になっていたひざには何も問題はなく、お尻の方にあるというのです。

作ってもらった私専用のメニューを一通りこなした後に、立ち上がって歩いたその瞬間は生涯忘れることはできないと思います。
それまで妙に力を入れ、踏ん張らないと立っていられなかったのが、不思議な位、楽に、すーっと、立つことが出来たのです。
その時初めて「上半身が、下半身の真上に乗っている」気持ちよさ、楽さを実感できたのでした。

エゴスキュー もちろん問題はそれだけではありませんでしたが、地道ながらコツコツと10年もエゴスキューを続けていると、体中のありとあらゆるところが変化してきます。下半身の安定はもちろん、長時間歩いてもまったく疲れなくなり、立ちっぱなしの長時間勤務も難なくこなせるようにまでなりました。40歳を過ぎてからいろいろな仕事に就きましたが、立ちっぱなしであろうがハードな肉体労働であろうがこなせる自信があるため、仕事先に困ることもありませんでした。昔の弱くて体力がなく、ひょろひょろで、体力の無さからアルバイトすらこなせる自信がなく、引きこもり気味だった私はもうどこにも居ません。

一般には、加齢とともに体力が衰え、痛みが出たり、体の自由が利かなくなると思われていますが、実はそんなことはないのです。
最近の研究では、脳も筋肉も年齢の制限なく成長するものだという事がわかってきているそうですし、実際にエゴスキューに来られる方々の、とりわけ「高齢者」の年齢に当てはまる方々の変化を見ていればそれが本当だと実感できます。

エゴスキュー エゴスキューは、年齢関係なく、どなたにも、どんな状態の方(※1)にも実施できる、大変考えられたエクササイズです。
ただ、いきなり個人セラピーはハードルが高いという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方には無料相談(※2)もありますし、それでもという方には、エゴスキューにコンタクトを取らなくても無料で閲覧できる動画などのコンテンツ(※3)も豊富にそろっています。

それは、できるだけ多くの方にエゴスキューが広まって、痛みや不安から解放される人が増え、より質の高い人生を送ることが出来るようになればいいという、創始者であるピート・エゴスキュー氏の願いが根本にあるからでしょう。
そういった精神こそが、エゴスキューが単なる運動療法ではない、人生を変える程のインパクトのある方法たらしめているのではないかと思います。

2014年、7年ぶりにエゴスキュージャパン名古屋セラピースタジオを尋ねた際、セラピストの水野氏が、しっかりこの精神を受け継いでいらっしゃるのを感じました。氏は10年前、一緒にサンディエゴのエゴスキュー本社で研修を受けた仲間の一人です。
あの頃、皆で話していた「エゴスキューがラジオ体操のように日本中に広まって、痛みに悩む人がいなくなったらいいね」という夢が現実となるように、再び微力ながらも活動に参加できる事をうれしく思います。


※1 どのような状態の方でもE-サイズを実践していただくことが出来ます。

  • 例えば、ベッドから自力で起き上がる事が出来ない方や車いすの方でもその方に合わせた方法が存在します。そういったケースの場合は、直接エゴスキューまでお問い合わせされる事をお勧めします。

エゴスキュージャパン公式HP:http://egoscuejapan.com/index.html


※2 無料相談会を実施しています。

  • エゴスキュージャパンでは痛み無料相談会を実施しています。毎月枠が決まっており、先着順ですので気になる方はお早目にどうぞ。エゴスキュージャパン公式HPのこちらから申し込めます。

エゴスキュージャパン無料相談:http://www.egoscuejapan.com/course/soudan.html


※3 無料で閲覧できる動画などのコンテンツ。

  • 興味を持たれた方、全員にご覧いただきたい素晴らしい動画です。創始者のピートエゴスキュー氏の理論の説明はわかりやすく腑に落ちます。また、8話完結の個人セラピーのドキュメンタリー(合計1時間位)は海外ドラマを見ているように楽しくエゴスキューの個人セラピーの様子がわかります。

エゴスキュージャパン動画で学ぶエゴスキュー:http://egoscuejapan.com/media/video/pv.html?main


HAPPY STILE トレーナー紹介

■小磯明美 岐阜県関市生まれ、各務原市在住。

2017年
エゴスキュージャパン認定E-サイズトレーナーの資格取得。活動を開始する。
2014年
VIAURA公認 Laxmi YOGA 32 yoga dietインストラクター養成講座修了。
本格的にヨガを学んだ事で再び健康への関心が高まり、同時にエゴスキューのすばらしさを再認識する。ヨガとエゴスキューの相性の良さも実感する。そこで7年ぶりにエゴスキュージャパン名古屋本社を訪れ、トレーナーを目指すことを決意する。
2013年
VIAURA公認 Laxmi YOGA TTC基礎科・専科修了。
2007年
アメリカのエゴスキュー本社で学ぶ。その際に個人セラピーを受け衝撃を受ける。その後、エゴスキュージャパン立ち上げの活動にボランティアとして参加するが、同年秋活動休止。
2006年
越山雅代氏の紹介によりエゴスキューを知る。

お電話でのお問い合わせ「・肩こりや腰痛などでお悩みの方 ・痛みの心配なく趣味やスポーツを楽しみたい方 ・加齢による体力の衰えが気になる方・姿勢を美しくしたい方・美容と健康に関心のある方」ひとりひとりの声に応えます!岐阜、愛知でエゴスキュー&ヨガ教室開催中 電話050-5217-6081

information

HAPPY STYLEトレーナー「小磯明美」プロフィール写真

HAPPY STYLE

(ハッピースタイル)

岐阜・愛知でエゴスキュー
ヨガ教室を開催
TEL.050-5217-6081

お問い合わせはコチラ »»


アトピーと向き合う

≪冊子の後書き「自然療法で完治を目指す前に」はHAPPY STYLEの講師が執筆しました≫